【第1号アパート購入秘話(6/7)】初めてのリフォーム工事!DIYもやってみよう

第1号アパートは、売買契約時点で2部屋が空室。
2部屋ともリフォームはしていない状態らしい。
おそらく、そのままでは募集できないだろう。


リフォームをして部屋をキレイにしなければ。
全ての作業を自分でするなんて無理だ。
内装業者にリフォームを依頼しよう。


私は、リフォームが初めてだ。
とりあえずネットで調べてみよう。
「内装業者」
「ワンルームリフォーム」
「原状回復」
「千葉県〇〇市」
色々なキーワードで検索。


料金を掲載している業者もいるのか。
こういう会社は信頼できる。
3社くらいに来てもらって見積もりを取ろう。


どこをどうリフォームすれば良いか。
本やセミナーやネットで勉強した内容だ。
あとは、現場で業者に色々聞きながら決めれば良いか。


物件には業者よりも早めに到着。
とりあえず、最初は2階の角部屋の状態を見てみよう。

(写真)※工事中

おやおや!
なかなか良い部屋じゃないですか。


1K+ロフトで18平方m程。
20平方m以下ですが、天井が高いこととロフトがあることから広く感じる。
もし会社を辞めたら、私がここに住もうかな。


次に1階の部屋へ。
この部屋もキレイだと期待できます。


しかし、その期待は見事に裏切られました。
ドアを開けた瞬間、目を見張りました。


うわぁ…。
なんだこれは!
めちゃくちゃ汚い…。

(写真)※工事中

玄関の床のフローリングが腐っています。
何か事件でもあったのだろうか。


これが築古アパートというものか。
はたして、リフォームしてなんとかできるのか。
急に不安になってきた。


しかし、世の中には廃墟不動産投資という分野もあるらしい。
築古を超えた築50年などの物件を再生させるらしい。
そして、そんな物件でもリフォームでとてもキレイになる。
それに比べると、これなんかまだマシな方だ。


なんとかリフォームするしかないか。


部屋を見ながらどんなリフォームをしようか。
色々考えを巡らしていると、1社目のリフォーム業者が来ました。


内装業者には見取り図を渡して説明。
リフォーム内容は、業者の提案も聞きながら下記にしました。

リフォーム工事の依頼内容
  • 壁紙の張替え
  • クッションフロア張り
  • 洗濯板の設置
  • ルームクリーニング
  • クローゼット扉の取替え
  • 巾木の取替え



数日後、見積書が届きました。
結果的に3社で大きな差がありました。

  • 内装業者K社・・・25万!
  • 内装業者A社・・・35万!
  • 内装業者B社・・・50万!



おいおい。
3社とも金額が全然違う。
離れすぎだろ。
K社が安すぎるのか。
A社がボッタクリなのか。


なんでここまで大きく差が出るのか。
内容をよく見ると、壁紙などの単価は1~2割ほどの違いに留まってます。
一番高いM社は、「養生費」や「廃材処理・運搬費」が含まれていました。


結局、一番安い内装業者K社にお願いすることにしました。
積極的に提案してくれたことも決め手となりました。

(※内装業者K社には継続的に工事依頼しております。)




大きな工事は内装業者に依頼した。
ただ、自分でできそうなところは一度自分でやってみよう。


正直、わざわざ自分でするなんて面倒だ。
しかし、実際に内装業者がどのような作業をしているか体験することは、工事を依頼する側にとっても重要だ。


どんな作業ならできそうだろうか。
こういうことは、高校の図工の授業以来だ。

ヤマトのDIY
  • ロフトのカーペットをクッションフロアへの変更
  • キッチン扉やドアの木部のペンキ塗り
  • ユニットバスのクリーニング
  • カーテンレール、カーテン、照明の設置
  • 高圧洗浄機による建物周辺の清掃



少し欲張りだが、このくらいか。
事前にこれらの工事の施行方法をDIYのサイトなどで予習だ。


材料や工具はどこで買おうか?
豊洲のスーパービバホームで買おう。
材料は大きくなりそうだから、物件近くの日曜大工店で揃えよう。




週末。
さて、初めてのDIYです。
DIYとは、『Do It Yourself』の略で、しろうと(専門業者でない人)が、自分で作ったり修繕したりすることです。

< ロフトのカーペットをクッションフロアへ変更 >
カーペットを剥がした時にほこりが舞います。
古くて固まった接着剤をやすりで除去すると、それも宙に舞います。
顔中がほこりまみれになりました。


クッションフロアをはさみで切ります。
平らになった床面にテープを貼ってクッションフロアを固定。


2部屋とも同じ作業だが、超大変。
自分では、二度としません!笑

< キッチン扉やドアの木部のペンキ塗り >
キッチン扉を外して、新聞紙の上に置いてペンキで塗ります。
時間を置いてキレイに二度塗り。
キッチン扉やドアの木部の塗装も塗りました。


ビニル手袋をしていましたが、手が美白になりました。

< ユニットバスのクリーニング >
家の風呂場と同じように洗います。
ガラスの汚れは専用の洗剤でキレイになります。


洗剤の匂いと夏の暑さで頭が痛くなりました。

< カーテンレール、カーテン、照明の設置 >
カーテンレーツを新品に取替えて、事前に買っておいたカーテンも取付けます。
照明の設置は3分で完了。

< 高圧洗浄機による建物周辺の清掃 >
日曜大工店ビバホームで高圧洗浄機を購入。
ライフルみたいな形の銃口から、一気に水が噴き出します。
汚れはもちろん、こびりついたコケなども吹き飛ばします。


うほっ!楽しい♪
ただ、ホースなども含むと10kg近くあり、持ち運びは大変だ。

< その他 >
電気のコンセマトのカバーの交換。(業者に依頼)
取り換えるだけで、とてもキレイになります。



内装業者K社にリフォームを発注して2週間後。
ついに、リフォーム工事完了です。


さらにその週末、私のDIYも終えました。
実際に一度自分でリフォームDIY工事をして、内装に関する知識はとても高まった。
今後、業者と話をする際にとても高い次元での打ち合わせができる気がする。


さて、部屋はどうなったでしょうか!?

2階の角部屋写真 比較 ※工事中

1階の部屋写真 比較 ※工事中

部屋に入った瞬間、驚きです。
とても同じ部屋とは思えません!

【低価格でキレイに仕上げるコツ】

  1. 部屋は床もクロスも全体的に白色に
  2. クローゼット扉は新品に取り替え。ハンガーパイプも設置。
  3. 照明やカーテンは、自分で買って自ら設置



もし、購入前に部屋の中を見れなくても問題ありません。
内装はリフォームで何とでもなるのです!




こうして、なんとか不動産投資をスタートできました。


この物件を見つけたのが8月末。
決済・引渡が9月後半。
リフォーム完了が10月後半。
そして、12月には無事満室になりました。


これからも入居者のための経営をしていくつもりです。

DIYを行った時のこと

今回、DIYを行っていた時です。
物件の近くの日曜大工屋で材料・工材を買って、物件まで歩いていた時のこと。


私は、両手で重い買い物袋を持っていた。
とても重かったため、何度も立ち止まって休憩を取った。
汗もたくさんかいていた。


歩いていると、周りが薄暗くなってきた。
雨がパラパラと降ってきた。


私は両手で買い物を持っているので雨を避けることができません。
これではせっかく買ったクッションフロアなどが濡れてしまいます。


その時、後方から空車のタクシーが近づいて来ました。
私はとっさに手を上げました!
これで物件まで濡れずに帰れる…。


しかし、世の中は無情なものです。


運転手とは目が合いました。
しかし、止まってくれませんでした。
私がたくさんの荷物を持っていて、さらに雨にも濡れていたので乗せたくなかったのでしょう。


結局、アパートまで歩くしかありませんでした。


雨に打たれながら考えました。


自分の人生を変えたくて始めた不動産投資。
不動産投資を始めれば順調に資産が増え、満足な生活が送れると思っていた。


しかし、現実はどうか。
私は今、雨の中をずぶ濡れで歩いている。
タクシーにも無視されて・・・。


私がこんなことをしている時、普通の人は友人や恋人や家族と過ごしたりしているんだろうな。
なぜ、私は雨に濡れながらもこんなことしているんだろう。
私は、いったいどこに向かっているのだろう・・・。


しかし、ふと思いました。


これは、試練なんだ。
上手くいっている大家さんも、最初から順調だったなんてことは無いはずだ。
皆、いろんなことを悩んだり辛いことを経験してきたはずだ。
だが、それでも自分を信じて前を向いて一歩一歩進んで来たはずだ。


まだまだこれからも辛いことがあるはず。
こんなことで凹んでなんていられない。
今日の私の出来事は、いつかは笑って思い出せる過去になるはず。


そして、雨が降る夜空を見上げて、強く誓いました。


神様!


俺、不動産投資頑張ります!


しっかり見ていて下さいね!


<<戻る   次へ>>


第1号アパートの詳細・CFのページへ

ホームページのトップへ

投稿日:2019年2月11日 更新日:

Copyright© 目指せ脱サラ!副業の不動産投資のキャッシュフローを全部公開 , 2020 All Rights Reserved.